検索

【セミナー】畑 亜紀子さん「病院でアロマセラピストとして働く」

最終更新: 3時間前

~ファーストステップから臨床研究まで~



病院の中でアロマセラピストとして働くには決まったルートは無く、また働き方やアロマの方法も自分で考えていく必要があります。試行錯誤しながら行ってきた私の経験はアロマセラピストとしてのほんの一例に過ぎないかも知れませんが、10年前、一人でもがきながら仕事をしていた自分だったら、こんな話が聞いてみたかっただろうな、という内容になるよう出来るだけ具体的なお話が出来ればと考えています。


今後の皆さんの活動の参考にしていただき、アロマセラピストとして活躍して頂けると幸いです。

第1回「病院が求めるアロマセラピストとは?」

・アロマセラピストとして病院で活動するには

・病院で求められるアロマセラピーの役割

(トリートメント、病院特有の匂いへの対応など)

・緩和ケア病棟でアロマトリートメントに+αで求められること

・アロマを病院の中で知ってもらうには?



第2回「アロマセラピストだからこそできる!研究と啓蒙」

・アロマの良さを医療の世界で知ってもらうには?(勉強会、研究会、講演)

・学会発表(症例報告)をするには?

・アロマは何に効く?(クリニカル・クエスチョンを持つ)

・価値のある研究を行うには?(データの蓄積と分析から研究につなげる)



【開講日】

第1回:2021.6/12(土)11:00~13:30 JEA京都校 ※終了しました

第2回:2021.7/10(土)11:00~13:30 JEA大阪校

※オンライン(Zoom)参加も可能


【受講料】※1日参加

一般:¥9,200(税込) 

IFPA会員:¥8,000(税込)

(IFPA会員・・・正会員、一般会員、学生会員)


【受講申し込みフォーム】

https://www.jea25th.com/event

※参加形態(来校orオンライン)によってフォームが違いますのでご注意ください


申し込み〆切▶︎


第1回:2021.6/10(木)23:59 ※受付終了

第2回:2021.7/7(水)23:59


【受講資格】

どなたでも受講していただけます


【CPDカテゴリ】A・2.5ポイント ※1日参加


【定員】第1回:12名 / 第2回:16名

※来校の場合



【キャンセルポリシー】

※決済完了後、いかなる場合であっても参加費の返金はいたしかねますので、予めご了承ください。


【お願い】

※予約完了メールが届かない場合は、恐れ入りますがスクールに直接お電話くださいますようお願いいたします。


【特別講師】

畑 亜紀子(IFPA認定アロマセラピスト・JEA卒業生)

司会進行:JEA校長 ギル 佳津江


アロマセラピスト資格取得後、京都医療センターリボンズハウス(がん患者さんの相談窓口)立ち上げからスタッフとして従事すると共に緩和ケア病棟を中心にアロマセラピストとして活動している。緩和ケア病棟での3,000回以上の施術や臨床研究の経験を活かし、医療者向けの講演や学会発表を行っている。


京都医療センター臨床研究センター研究員

緩和ケアチーム所属アロマセラピスト

リボンズハウススタッフ


●英国IFPA認定アロマセラピスト

●AEAJ認定アロマテラピーインストラクター

●AEAJ認定アロマセラピスト

●日本禁煙科学会認定初級禁煙支援士

●公認心理師


157回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示